脱柵自衛官へ告ぐ!脱柵したって捕まります

自衛隊,辞めたい

 

自衛隊で働いていると所在不明隊員のお触れが回ってきます。

 

教育隊がいる期間は特に多いですよね。

 

でも、残念ながら脱柵してもそのほとんどが捕まります。

 

また、脱柵するとその費用は全て脱柵者が支払うことになります。

 

脱柵すると捜索が開始される

隊員がいなくなると自衛隊としてはかなり大変です。

 

その理由は

  • 身分証明証
  • 自衛官診療証

を持っていかれると困るのです。

 

教育隊でよく言われました。

 

「身分証と診療証、失くしたらボーナスなくなるからなっ!」

 

自衛官にとってはかなり大切な二大書類です。

 

これがあると悪用されて、お金を借りられる可能性、身分を偽って自衛官として振舞われる可能性があるからです。

 

実は脱柵者を捜索する理由はこの書類を取り返すためにあります。

 

名目上は脱柵者の身柄確保、自殺防止などがあるのですが・・・

 

逆に考えるとこの二つが戻ればそれほど問題はないということですね。

 

捜索ってどんな感じ?

自衛隊の脱柵者の捜索はいたってシンプルです。

 

  • 警察を使ってATM履歴を調べる
  • 友人・家族のいる地域を捜索する

これを大人数でします。

 

そして、恐ろしいことにその費用は全て脱柵者が支払う義務を負います。

 

もし、九州で勤めている隊員の出身地が北海道なら、北海道まで捜索に行きます。

 

繰り返しますが、その費用は全て脱柵者が支払います。

 

自衛隊,辞めたい

 

捕まった隊員はそのほとんどが退職します。

 

「退職したい!でもさせてくれない・・・」

 

脱柵する自衛官の多くはこのような思いで脱柵します。

 

おそらく多くの隊員が自衛隊の辞め方を知らないことが理由なんです。

 

このサイトで自衛隊の辞め方を学んでください!!

 

自衛隊の辞め方教えます!