衛生科隊員が転職をしたら給料があがる

 

 

こちらは自衛隊で准看護師資格を取った人のためのページです。
外で看護士資格を取得した方には自衛隊で働くことはお勧めしています。

詳しくはこちら⇒自衛隊看護師になるには>>

 

私も元衛生科隊員です。

 

普通科隊員として入隊し、陸曹になるときに准看護師試験に合格しました。

 

衛生学校を卒業して晴れて衛生科に職種変更することができました。

 

ただ、待っていたのは衛生とは名ばかりの仕事ばかりでした。

 

自衛隊准看護師の仕事

  • 射撃の救護員
  • 行軍の救護員
  • 健康係という体重管理

射撃の救護員

射撃訓練があるときは安全管理上衛生隊員がかならず救護員として同行します。

 

ただし、射撃訓練の間私たち衛生隊員がする仕事と言えば、ただ座っているだけです。

 

ただただ座って、見ているだけ。ほとんどは寝ています。

 

それで終わり・・・

 

行軍の救護員

私はいわゆる普通科衛生と呼ばれる自衛官でした。

 

入隊後准看護師資格を取得して衛生隊員として勤務するならほとんどが経験する仕事です。

 

せっかく資格をとっても仕事内容は

  • 足のマメの手当
  • 大丈夫ですかと声掛け
  • 一緒40キロ行軍
  • 熱中症患者の救護

これにやりがいを感じているなら問題はありませんが・・・

 

せっかく資格をとっても、技術を学ぶような仕事は回ってきません。

 

定年を早く迎える自衛官ですが、再就職で看護系はおそらく無理なんだろうな。私はそう思いました。

 

健康係という体重管理

自衛隊は体力勝負な面が多い仕事です。

 

当然みんながマッチョ!!そんなわけありませんからっ

 

良い体をしているのは若い自衛官くらいで、事務仕事をしているようなおじさま方はメタボが多いです。

 

そのようなメタボ隊員のために毎月体重を管理する。これが私の仕事でした。

 

 

そんな自衛隊に嫌気が差したんだよっ!!

 

私が自衛隊を辞める決意をしました。

 

看護資格の価値

 

 

自衛隊を辞めるそう決めたら早かったです。

 

まずは看護師の給料水準を調べるために看護系の転職サイトに登録しました。

 

そこで驚いたのが自衛隊で働くよりも1.5倍から2倍ほど給料が高かったことです。

 

これから自衛隊の看護師になりたい!そう思っている方は給料面を考えたら自衛隊はおすすめしません。

 

あなたの市場価値はもっと高いはずです!!

 

私が登録したのは看護のお仕事でした。

 

ここは人材紹介の大手企業ディップが運営しているということもあって、安心して登録しました。

 

職場に電話も来ることもないので、准看護師資格を持っている方は一度登録してどれだけ給料が上がるかを確かめたらきっと驚くことになりますよ。

 

公式サイト→看護のお仕事

 

准看護師しか持っていない転職だったので、いかに准看求人が多いかどうかを一番に転職サイト選びをしました。

 

いくつもサイトはみたのですが、ダントツで准看護師求人が多かったので、自衛官から外の病院を希望している人にはおすすめできますよ。

 

登録はこちらから⇒看護のお仕事

 

看護のお仕事の紹介

看護のお仕事

 

  • 日本全国の看護求人情報あり
  • 病院の内部事情が聞ける
  • コンサルタントが代わりに待遇交渉

 

衛生職種の仕事は多忙すぎて時間をうまく見つけて転職活動は充分できないと思います。

 

そういった方にはしっかりとコンサルタントがついてくれるので、一緒に転職活動が成功するように支援してくれます。

 

自衛隊で看護資格を取得した人の中には外の病院で働いた経験がない人がいると思います。わからないことだらけで不安でしょうが、コンサルタントに色々と相談できるので安心して転職活動を進めることができますよ。

 

 

自衛隊,看護師,転職

 

衛生隊員だけど、准看護師資格持ってません

 

 

残念でした。

 

資格さえ持っていたら良い条件で転職することができたでしょうが、資格なしなら看護師として再就職はできません。

 

当サイトで紹介している転職サイトランキングを参考にして、衛生以外の仕事を探してください。